【まとめ】はま寿司、ケンタッキーで感染者 サービス業で相次ぐ―新型コロナ

新型コロナウイルス感染者が顧客と密接にかかわるサービス業で相次いで見つかっている。外食大手ゼンショーホールディングスは9日までに、回転ずしチェーン「はま寿司」茨木新和町店(大阪府茨木市)で勤務していた従業員1人の感染を発表。ウイルス感染は日本航空の客室乗務員や、日本ケンタッキー・フライド・チキン(横浜市)の店員でも判明した。

【まとめ】警官に撃たれて自殺図る=「コロナ感染、どうせ死ぬ」―NY

【ニューヨーク時事】米メディアは1日、最近新型コロナウイルス感染が確認されたと主張するニューヨーク州ブロンクスの男(55)が同日、警官に撃たれて自殺を図ろうとしたと報じた。ニューヨーク市警当局者は地元テレビに「彼は肥満かつ糖尿病で、どうせ死ぬから警官に殺してほしいと思ったと供述した」と明らかにした。

【まとめ】NY州ピークは4月末 推定死者1万6千人も―新型コロナ

【ニューヨーク時事】米国で最多の新型コロナウイルス感染者を出しているニューヨーク州のクオモ知事は1日、記者会見で、州の感染拡大のピークは4月末ごろに訪れるという見通しを示した。州の感染者は8万3712人、死者は前日から391人増えて1941人になった。


【まとめ】コロナ経済対策が「ベーシックインカム的」であるべき理由

日本政府は、コロナ対策として現金給付や商品券の支給などを「かつてない規模で」検討しているようだ。コロナ経済対策として重要なのは、一時的生活保護の役割を果たし、同時に景気の下支えにもなる政策だろう。それは、ベーシックインカムそのものないし、「ベーシックインカム的」な政策であることが望ましいと筆者は考える。(経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員 山崎 元)

【まとめ】医療提供「危機的状況」=新型コロナ感染拡大で宣言―日医

日本医師会は1日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、国民に向けた「医療危機的状況宣言」を発表した。一部地域で病床が不足しつつあることや、感染により医療従事者が現場から離脱することへの懸念を挙げ、「医療提供体制を維持するため、自身の健康管理、感染を広げない対策、適切な受診行動をお願いする」と呼び掛けた。 

【まとめ】新型肺炎、国内で初確認 神奈川の30代男性―中国・武漢市に渡航歴・厚労省

中国湖北省武漢市で発生している新型のコロナウイルスが原因とみられる肺炎について、厚生労働省は16日、同市から帰国した神奈川県の30代男性から同型ウイルスの陽性反応が出たと発表した。国内で患者が確認されたのは初めて。