Featured Video Play Icon

Blaming a disfavored group for misfortunes has been irresistible for millennia.

Say what you will about Carl Jung, myth-spinning Swiss sage, madman, and psychiatrist, but he wasn’t always (completely) wrong. Writing in the middle of the last century, he noted how:

The Middle Ages, antiquity, and prehistory have not died out, as the “enlightened” suppose, but live on merrily in large sections of the population. Mythology and magic flourish as ever in our midst and are unknown only to those whose rationalistic education has alienated them from their roots.

Sadly, that argument falls apart in the second half of the second sentence, perhaps even more than when those words were first published. In an era of apocalyptic environmentalism, revived Marxism, and goop, mythology and magic are finding dismayingly large audiences among those given the benefit of, at least nominally, a rationalist education.

Which brings us to the conspiracy theories surrounding the COVID-19 pandemic. Some are, as would be expected, the product of conventional propaganda operations. Chinese officials, doing what they can to obscure their regime’s responsibility, have suggested that the U.S. military may have something to do with it, while Venezuela’s President Nicolàs Maduro, anxious, doubtless, to curry favor with Beijing, wondered if “coronavirus could be a strain created for biological warfare against China,” a claim that risked irritating his friends in Tehran: Ayatollah Khamenei maintainsthat the “virus is specifically built for Iran using the genetic data of Iranians.” In an attempt to bridge ancient and modern, Palestinian prime minister Mohammad Shtayyeh has asserted that “we have heard testimony that some [Israeli] soldiers are trying to spread the virus through the door handles of cars,” a slander that updates the smears of over half a millennium ago. Allegations that the Black Death was being spread by Jews poisoning wells triggered pogroms across Europe. Not all the people making such accusations (then or now) may have believed them, but that was neither here nor here: What mattered was that they knew that they could be believed by enough people to make a murderous difference.

Conspiracy theories are a particularly powerful form of mythology, and it is that power that makes them so useful to charlatans looking for the next sucker. Like most mythologies, they serve a series of overlapping functions, but beneath them all is their action as a device to satisfy humanity’s hard-wired need to find structure in apparent disorder, a result of the fact that Homo sapiens would not have evolved in the way it did without developing an increasingly sophisticated ability to identify connections between the seemingly unconnected. It’s difficult to solve a problem without having a reasonable idea what lies behind it. This talent came, however, with a less obviously helpful side-effect — a susceptibility to finding patterns where none exist. This was a relatively modest price to pay for leaving the other great apes in the dust, but its consequences can be tricky nonetheless. Susceptibility can degenerate into a compulsion, especially when random disaster strikes.

And rarely more so when it involves a new pandemic, an onslaught that is as impersonal as it is intimate. That its deadliness may come from the way an infection may turn the body against itself adds to the existential terror of the afflicted or those waiting for the attack to come their way. That such a horror is both motiveless and meaningless adds insult to mortal injury. Under the circumstances, it’s not much of a surprise that — from the pandemics of the more distant past to the Spanish flu to AIDS to Ebola to COVID-19 — conspiracy theories have trailed in disease’s wake. Many prefer to think that there must be more to such scourges than “Mother” Nature just doing what she does.

The logic of beliefs of this kind is that it throws up someone to blame, a prospect that boosts their allure. It offers the catharsis of revenge against the supposed perpetrators, or, at least, the gratification of having someone to hate. There’s also the not insignificant thrill that comes from the idea of having a role in a great drama. Most lives are a touch dull. For some, it will be much more exciting to believe that some massive conspiracy is afoot, especially, perhaps, if they have decided that they are its target, a notion that will resonate all the more strongly with the marginalized or the unsuccessful. The former will be eager to put the most malign face possible on those they feel — not always incorrectly — have done them down. The latter would rather turn to the comfort of an alibi than confront the reality that their most formidable adversary is not the Rockefellers or the Illuminati, but, quite often, themselves.

不幸のために不利なグループを非難することは数千年の間魅力的でした。
神話を紡ぐスイスの賢者、狂人、そして精神科医のカールユングについてどう思いますか。しかし、彼はいつも(完全に)間違っていたわけではありません。前世紀半ばに書いた彼は、次のように述べています。

中世、古代、そして先史時代は、「啓蒙主義者」が想定しているように絶滅することはありませんが、人口の大部分で楽に暮らしています。神話と魔法は私たちの真っ只中に相変わらず繁栄し、合理的な教育が彼らのルーツからそれらを遠ざけた人々にだけ知られています。

悲しいことに、その議論は2番目の文の後半でバラバラになり、おそらくそれらの単語が最初に公開されたときよりもさらに多くなります。終末論的な環境主義、復活したマルクス主義、そして大げさな時代に、神話と魔法は、少なくとも名目上は合理主義的教育の恩恵を与えられた人々の中で、驚くほど多くの聴衆を見つけています。

これは、COVID-19パンデミックを取り巻く陰謀論に私たちをもたらします。一部は、予想されるように、従来の宣伝活動の産物です。中国当局は、彼らの体制の責任を曖昧にするためにできることをしているが、米軍はそれと何か関係があるかもしれないと示唆している一方で、ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領は、疑いもなく、疑いなく北京を支持し、「コロナウイルスはテヘランで友人を苛立たせる危険を冒した主張:中国に対する生物戦争のために作成された株:Ayatollah Khameneiは、「ウイルスはイランの遺伝データを使用してイランのために特別に構築されている」と主張しています。古代と現代をつなぐ試みで、パレスチナのモハマドシャタイエ首相は、「一部の[イスラエル]の兵士が車のドアハンドルを介してウイルスを拡散させようとしているという証言を聞いた」と主張し、中傷を更新する中傷をしている半千年前。黒死病がユダヤ人の中毒井戸によって広がっていたという主張は、ヨーロッパ中にポグロムを引き起こした。そのような非難(当時または現在)をしているすべての人々がそれらを信じていたわけではありませんが、それはここにもここにもありませんでした。重要なのは、彼らが殺人の違いを作るのに十分な人々によって信じられることを知っていたということです。

陰謀説は神話の特に強力な形であり、次の吸盤を探しているシャーラタンにとってそれらを非常に有用にするのはその力です。ほとんどの神話と同様に、それらは一連の重複する機能を果たしますが、その下には、人類のハードワイヤードな必要性を満たすためのデバイスとしての行動があります。これは、ホモサピエンスが進化しなかったという事実の結果です。一見接続されていないように見える接続間の接続を特定するためのますます高度な機能を開発せずに行った方法。問題の背後に何があるのか​​合理的な考えなしに問題を解決することは困難です。ただし、この才能にはそれほど明白ではない副作用がありました。存在しないパターンを見つけやすくなっています。これは、他の類人猿をほこりの中に残すことに対して支払うのに比較的控えめな価格でしたが、それでもその結果は注意が必要です。特にランダムな災害が発生した場合、感受性は強制に退化する可能性があります。

そして、それが新しいパンデミックを伴うとき、それが親密であるのと同じくらい非人道的な猛攻撃であることはめったにありません。その期限は、感染がそれ自体に対して身体を向けるかもしれない方法から来るかもしれないということは、苦しんでいる人または攻撃が来るのを待っている人の実存恐怖に追加されます。そのような恐怖が動機も意味もないということは、致命傷に侮辱を加えます。このような状況下では、過去のパンデミックから、スペイン風邪、エイズ、エボラ出血熱、COVID-19まで、陰謀説が病気の結果として後を絶ちませんでした。多くの人は、「母」の自然がただ彼女がすることをするだけではなく、そのような苦痛にはもっともっとあるはずだと考えることを好みます。

この種の信念の論理は、誰かを非難するように投げかけることであり、その魅力を高める見込みです。それは想定される加害者に対する復讐のカタルシス、または少なくとも、誰かを憎むことの満足感を提供します。素晴らしいドラマで役割を果たすという考えから生まれる、それほど重要ではないスリルもあります。ほとんどの生活は少し鈍いです。一部の人にとって、いくつかの大規模な陰謀が進行中であると信じることは、はるかにエキサイティングです。特に、彼らがターゲットであると決定した場合、疎外されたまたは失敗したことにさらに強く共鳴する概念です。前者は、(常に間違っているとは限らないが)彼らを倒したと感じている人に、可能な限り最も悪性の顔を置きたいと熱望するでしょう。後者は、彼らの最も手ごわい敵がロックフェラーやイルミナティではなく、かなり頻繁に彼ら自身であるという現実に直面するのではなく、むしろアリバイの快適さを好むでしょう。

However, the word “believe” must be treated with care. There was a time when a surprising number of Americans “believed” that aliens were on an abduction spree, but, for the most part, they weren’t demanding that the Pentagon take action. Much of what we like to think of as “belief” is really a performance, partly to ourselves, partly to others. Barack Obama “believes” (and he may even do so) that climate change poses a “terrifying” threat, but sees no contradiction in buying a low-lying property on Martha’s Vineyard for, reportedly, some $12 million.

The draw of a conspiracy theory to its followers is reinforced by the perception it gives them that they are in the know. They reckon that they have discovered what the “sheeple” could not, endowing them with a sense of superiority that is as enjoyable as it is undeserved, a fact that hucksters of all stripes have turned to their financial, political, or other advantage over the generations: Sign up with me and I’ll tell you what’s really going on.

So, on top of the tales being told by the Chinese, Iranians, Venezuelans, and Palestinians, COVID-19’s backing band is also giving voice to theories that include the conceit that the true motive behind crashing the economy via lockdown was to enable the (insert euphemism of choice) to tighten their grip on the world — and pick up deeply discounted assets while they are at it. There’s also a peculiarly complex hypothesis involving Bill Gates and vaccines. Tapping into technological dread (always a winner when invisible “rays” are on the scene), 5G wireless communications, which had already been the source of paranoid speculation even before someone (allegedly) ate a bat, are on the list of suspects as well. Fears about a specific connection between the coronavirus and 5G appear to have emerged out of remarks made by a Belgian doctor in January, but have since spread to such an extent that cellphone towers have been vandalized, initially in the U.K. and now in the Netherlands.

If past is any precedent, such theories will be around for a long time and will be amplified by the secretiveness with which the Chinese dictatorship has handled the outbreak of this disease from, it seems, the very beginning, but then that’s another story . . .

ただし、「信じる」という言葉は注意して扱う必要があります。驚くべき数のアメリカ人が外国人が拉致騒動にあると「信じていた」が、大部分は国防総省が行動を起こすことを要求していなかった時期がありました。私たちが「信念」として考えたいことの多くは、実際には、一部は自分自身に対して、一部は他者に対してのパフォーマンスです。バラクオバマ氏は、気候変動が「恐ろしい」脅威をもたらすと「信じている」(そして彼もそうするかもしれない)が、マーサズヴィンヤードの低地にある物件を約1200万ドルで購入することに矛盾は見られない。

追随者への陰謀論の引き分けは、彼らが知っているという彼らに与える認識によって強化されます。彼らは、「羊」が不可能なことを発見し、それに値しないほど楽しい優越感を与えたこと、すべての筋のハクスターが経済的、政治的、またはその他の利点よりも優れているという事実を認めている世代:私と一緒にサインアップして、私は本当に何が起こっているのかを教えてあげます。

したがって、中国人、イラン人、ベネズエラ人、パレスチナ人が語っている話に加えて、COVID-19のバッキングバンドは、ロックダウンによって経済を破壊する背後にある真の動機は(選択した婉曲表現を挿入して)、世界に対するグリップを強化し、大幅に割引されたアセットを入手します。また、ビルゲイツ氏とワクチンに関連する、非常に複雑な仮説もあります。技術的な恐怖を利用して(目に見えない「光線」がシーンにあるときは常に勝者)、誰かが(容疑者として)コウモリを食べる前からすでに妄想的な推測の源であった5G無線通信も容疑者のリストに含まれています。コロナウイルスと5Gの間の特定の関係に対する恐怖は、1月にベルギーの医師が行った発言から浮上しているようですが、それ以来、携帯電話の塔が最初は英国で、現在はオランダで破壊されているほどに広がっています。

過去が前例である場合、そのような理論は長い間存在し、中国の独裁政権がこの病気の発生を処理してきた秘密性によって増幅されます。それは最初のようですが、それはまた別の話です。 。 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です