【3月22日 AFP】新型コロナウイルスの伝染と、ウイルスが人体の外で生存できる時間の長さに関する研究結果を図解でまとめた。

【関連記事】新型コロナ、固形物表面で2~3日生存可能 米研究

■新型コロナウイルスの伝染

主に呼吸器と身体的な接触を通じて伝染する

・感染者が咳(せき)やくしゃみをするとウイルスを含む飛沫(ひまつ)が飛散する

・健康に見える無症状の感染者から伝染する可能性もある

■新型コロナウイルスは人体の外でもかなり長い時間生き延びることができる

・ステンレスの表面:2~3日*

・厚紙の表面:24時間*

・プラスチックの表面:2~3日*

・予防のため1メートル以上の間隔を空ける。

*実験条件下での理論的な生存時間

■空気中では?

・ウイルスを含む微粒子を噴霧した実験を基に、新型コロナウイルスは空気中に浮遊する微粒子の中で3時間生存できるとする研究がある。

・しかし、これだけで感染者のせきで空中に浮遊した新型コロナウイルスによって別の人が感染すると結論することはできない。

図解の出典:世界保健機関(WHO)、米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of MedicineNEJM)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です