2020年4月17日 22:34AFPBB News

【AFP】マレーシア空軍は16日、自国沖にイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)約200人を乗せた船を発見したものの、新型コロナウイルスをめぐる懸念から、同船の着岸を認めなかったと発表した。周辺海域ではこの直前にも、大勢のロヒンギャを乗せた別の船が2か月以上漂流を強いられ、60人が死亡したとされる。

 マレーシア北西部にあるランカウイ(Langkawi)島沖を飛行していた空軍機は同日、このロヒンギャ船を発見。船はその後、海軍の船2隻とヘリコプターに止められた。

 空軍によると、海軍がロヒンギャに食料を与えた後、同船を領海外に誘導。「陸路や海路でマレーシア入りしようとする不法移民の居住場所や生活条件を考えれば…新型コロナウイルス感染症を国内に持ち込む可能性が強く懸念される」と説明した。

 この事例からは、マレーシアがロヒンギャに対する入国拒否の姿勢をさらに硬化させようとしている様子がうかがえる。同国ではこれまでに、新型ウイルスの感染症例が5000件以上確認され、80人が死亡。ウイルスの拡散阻止を目指し、全土で封鎖措置が講じられている。

 15日夜にはバングラデシュの沿岸警備隊が、マレーシアとタイから着岸を拒否され、バングラデシュへ戻ってきた船を保護。約400人が救助された。

 生存者らの話によると、同船は数百人を乗せた過密状態でベンガル湾(Bay of Bengal)を2か月以上さまよい、60人が死亡したという。

 人権団体「フォーティファイ・ライツ(Fortify Rights)」によると、バングラデシュとマレーシアの間を漂流している船が他にも複数あるとの証言が聞かれているという。同団体は周辺諸国の政府に対し、着岸を許可するよう強く訴えている。

 同団体のマシュー・スミス(Matthew Smith)代表は「装備の不十分な難民船を海に放り出すのは違法であり、死刑宣告だ」と批判している。【翻訳編集】AFPBB News

出典:AFPBB News

出典:AFPBB News

外部リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です