2020年4月23日 18:32時事通信ニュース

 政府は23日に発表した4月の月例経済報告で景気の現状について、新型コロナウイルス感染拡大の影響により「急速に悪化しており、極めて厳しい状況にある」との判断を示した。月例報告で「悪化」という文言が使われたのは、リーマン・ショックに世界経済が揺さぶられていた2009年5月以来、約11年ぶり。日本経済の苦境が鮮明となっている。

コロナ感染拡大を防ぐ外出自粛などに伴い、経済活動が縮小している事態を踏まえ、2カ月連続で下方修正した。3月報告では「足元で大幅に下押しされており、厳しい状況にある」に引き下げていた。

〔写真〕人通りが少ない丸の内のオフィス街=23日、東京都千代田区

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です