In early April, at least 20 cell towers in the United Kingdom had been purposely damaged or destroyed over a four-day period. The suspected reason for the vandalization? A bizarre conspiracy that’s freaking out the conspiracy-minded in the U.K. and around the world.

The theory alleges a direct link between 5G equipment and the COVID-19 outbreak. Some telecoms employees have been harassed on the street for laying down 5G fiberoptic cable. In one video, viewed more than two million times, a woman confronts the workers about what they’re doing, saying they’re going to “kill everyone” when they’re finished with their task. Many of the cell towers that have been destroyed, by the way, were actually for 3G and 4G service.

4月の初めに、イギリスの少なくとも20の基地局が4日間で故意に損傷または破壊されました。 破壊行為の疑いのある理由は? 英国の陰謀志向を狂わせる奇妙な陰謀 そして世界中。

この理論は、5G機器とCOVID-19アウトブレイクとの間の直接リンクを主張しています。 5G光ファイバーケーブルを敷設したことで一部の電気通信従業員が路上で嫌がらせを受けています。 1つのビデオで200万回以上視聴された女性は、仕事を終えたら「みんなを殺す」と言って、彼らがしていることについて労働者に立ち向かいます。 ちなみに、破壊された基地局の多くは、実際には3Gおよび4Gサービス用でした。

Fears about mobile phones and cell towers have existed for years, especially concerns about whether they can cause cancer. (There is currently no conclusive evidence to support this theory.) Now, as 5G networks have begun rolling out in dozens of countries, fears have renewed, and the ongoing pandemic has introduced a new set of interrelated conspiracies amplified by prominent celebrities and influencers. So how did we get here?

What is 5G?

5G stands for the “fifth generation” of mobile communication services, which promise to someday offer widespread, exponentially faster download and upload speeds than what’s currently available on 4G. The 5G services have been operational since 2019 in countries including China, South Korea, the United States, Germany, and the U.K., though these services are only slowly being implemented and are not even close to fully available across any one country. According to VIAVI, a network testing company, 378 cities in 34 countries implemented 5G capabilities as of January 2020.

What is the 5G-COVID-19 conspiracy?

There are three main conspiracies centered on 5G, two of which implicate COVID-19 as well, but none of which have any evidence to substantiate them. The first conspiracy is that 5G causes COVID-19, or at least the symptoms of COVID-19 (many believers of this particular conspiracy do not believe the virus exists at all). In this sense, 5G and COVID-19 are more or less the same thing. 5G/COVID-19 is a biological weapon, and it’s being released in part via 5G cell towers as a global depopulation campaign by the leaders of the New World Order.

Bill Gates is frequently mentioned as the originator of this depopulation campaign. In one popular YouTube video, a QAnon-associated conspiracy theorist, who is also an anti-vaxxer with tens of thousands of subscribers, draws a parallel between Gates’s Microsoft efforts decades prior and his vaccination efforts nowadays. The theory goes that Gates’s Windows program was purposely susceptible to viruses so he could make a profit on anti-virus software, and today, he’s orchestrating a depopulation campaign while also speaking out about pandemic vaccination efforts so he can someday make a huge profit on a mandatory vaccine. The gist is Gates is concerned with making a profit on the vaccine—which will double as a way to track the entire human population—rather than actually designing something intended to put a stop to the deaths caused by 5G/COVID-19.

携帯電話や基地局への恐怖は何年にもわたって存在しており、特にそれらが癌を引き起こすかどうかについての懸念があります。 (現在、この理論を支持する決定的な証拠はありません。)現在、5Gネットワ​​ークが数十か国で展開され始めているため、恐れが新たになり、進行中のパンデミックにより、著名な著名人やインフルエンサーによって増幅された相互に関連する陰謀が新たに発生しました。どうやってここに来たの?

5Gとは何ですか?

5Gは「第5世代」のモバイル通信サービスの略で、いつの日か4Gで利用できるものよりも、ダウンロードとアップロードの速度が飛躍的に速くなると約束されています。 5Gサービスは、2019年以降、中国、韓国、米国、ドイツ、イギリスなどの国で運用されていますが、これらのサービスの実装はゆっくりと進んでいるだけでなく、どの国でも完全に利用できるようになるまでには至っていません。ネットワークテスト会社のVIAVIによると、2020年1月の時点で34か国の378の都市が5G機能を実装しています。

5G-COVID-19の陰謀とは何ですか?

5Gを中心とした3つの主要な陰謀があり、そのうちの2つはCOVID-19にも関係していますが、それらを裏付ける証拠はありません。最初の陰謀は、5GがCOVID-19、または少なくともCOVID-19の症状を引き起こすことです(この特定の陰謀の多くの信者は、ウイルスが存在するとはまったく信じていません)。この意味で、5GとCOVID-19はほぼ同じものです。 5G / COVID-19は生物兵器であり、新世界秩序の指導者による世界的な過疎化キャンペーンとして5Gセルタワーを介して部分的にリリースされています。

ビル・ゲイツは、この過疎化キャンペーンの創始者として頻繁に言及されています。人気のあるYouTubeビデオの1つで、QAnon関連の陰謀理論家は、何万人もの加入者を擁する反Vaxxerでもあり、Gatesの数十年前のMicrosoftの取り組みと最近の彼の予防接​​種の取り組みとの間に類似点があります。理論によると、ゲイツ氏のWindowsプログラムはウイルスに故意に影響を受けやすいため、ウイルス対策ソフトウェアで利益を上げることができ、今日、彼は人口減少キャンペーンを組織し、パンデミックワクチン接種の取り組みについても話しているため、いつか巨大な利益を上げることができます。必須ワクチン。要点は、ゲイツ氏がワクチンで利益を上げること、つまり5G / COVID-19による死亡を阻止することを目的としたものを実際に設計するのではなく、人間全体を追跡する方法の1つとなることに関心があるということです。

The more widespread theory is that 5G weakens the immune system through radiation, thus making you more susceptible to COVID-19. Evidence has been offered in the form of United States maps, which allegedly show that the cities with 5G coverage have been most affected by COVID-19 outbreaks. Of course, this ignores two realities: One, most of the areas in the U.S. with limited 5G coverage are major cities with denser populations more susceptible to an outbreak; and two, plenty of countries—namely Iran—don’t have any 5G capabilities, yet have been hit the hardest by the virus.

And finally, there are the conspiracy theorists who don’t believe 5G is connected at all to COVID-19. In actuality, they say, the media is covering this obviously false link solely as a distraction tactic. The media and government accomplices are trying to diminish and lump together the anti-5G folks who have otherwise-legitimate gripes about 5G causing non-COVID-19 health issues.

When did this start spreading?

As Buzzfeed documented, unverified videos about 5G from YouTubers and conspiracy theorists started emerging over the last year or so, dating back to the origins of 5G installations in major cities. These videos, which include titles like “Man Who Works on 5G Towers Exposes Dangers to Come,” and “5G Tower insane radiation levels – Up to 21 times higher than safe limits!” have been shared hundreds of thousands of times, and have especially permeated Facebook. Their publishing dates, Buzzfeed writes, coincided with “the British telecom company EE [announcing] 5G service in six cities across the United Kingdom.”

Since late January 2020, when COVID-19 morphed into an official pandemic, QAnon followers across social media platforms, as well as users on the r/conspiracy page, have spread their theories about potential links to 5G networks. The real-world results, beyond the cell tower destruction, are increasingly apparent. One Reddit user, whose husband works for a cable company, says he’s been fielding calls from people who want to cancel their Internet over 5G concerns. “One guy apparently told him that he only coughs when he’s on the Internet on his computer, but not when he’s on his phone,” the Reddit user added.

But ultimately, random posters on the Internet are only capable of stirring up so much false information. Wired notes that their echo chamber eventually “started to break out, propelled by engagement algorithms that were smart enough to spot a viral trend but dumb enough not to notice the idiocy of its content.” A similar scenario unfolded about a month ago, when an obviously false, unrelated story about Oprah started trending due to engagement algorithms that amplified the voices of QAnon followers. And over the last week or so, it’s been non-fringe figures who’ve noticed the relatively mainstreamed 5G conspiracies, who’ve in turn been weighing in with inaccurate commentary that draws far more attention to the made-up situation.

Which celebrities and influencers are spreading false information?

Actor Woody Harrelson has posted on Instagram (see here and here), spreading the idea to two million followers that 5G is exacerbating the COVID-19 outbreak. The first post, which features the caption “I haven’t fully vetted it [but] I find it very interesting,” is a screenshot of a theory posited by Martin Pall, PhD, a professor emeritus at Washington State University. Pall recently predicted that in five to seven years, “human brains will degenerate to the degree that normal functioning… will cease.” (That’s a summarization of a point Pall made at a conference in Germany last year, according to a scientist in attendance.) And Pall’s big COVID-19 connection to 5G is a claim that Wuhan was China’s first “smart city” to incorporate the faster network, which there’s zero evidence to support. Pall’s citation, in fact, comes from a website called 5G EMF Dangers. The second post from Harrelson is grainy footage purporting to show Chinese citizens toppling a 5G antenna.

より普及している理論は、5Gが放射線を介して免疫システムを弱めるため、COVID-19にかかりやすくなるというものです。証拠は米国の地図の形で提供されており、5Gのカバレッジを持つ都市がCOVID-19の発生により最も影響を受けているとされています。もちろん、これは2つの現実を無視します。1つは、米国のほとんどの地域です。 5Gのカバレッジが限られているのは、人口密度の高い主要な都市で、アウトブレイクの影響を受けやすくなっています。そして、2つの多くの国、つまりイランには5G機能がありませんが、ウイルスに最も強く打撃を受けています。

そして最後に、5GがCOVID-19にまったく接続されていないと信じている陰謀論者がいます。実際には、メディアはこの明らかに誤ったリンクを単に注意散漫な戦術として取り上げていると彼らは言う。メディアと政府の共犯者たちは、5Gについての正当な不満を持ち、COVID-19以外の健康問題を引き起こしている反5Gの人々を減らし、一塊にしようとしています。

これはいつ広がり始めましたか?

Buzzfeedが文書化したように、YouTuberや陰謀論者からの5Gに関する未検証のビデオは、昨年から、主要都市の5Gインストールの起源にさかのぼって登場し始めました。これらのビデオには、「5Gタワーで作業する人が来る危険をさらす」や「5Gタワーの非常識な放射線レベル-安全限界の21倍まで!」などのタイトルが含まれています。何十万回も共有され、特にFacebookに浸透しました。彼らの公開日は、Buzzfeedが書いている、「イギリスの電気通信会社EE [発表]イギリスの6つの都市での5Gサービス」と一致しました。

2020年1月下旬以降、COVID-19が公式のパンデミックに変身したとき、ソーシャルメディアプラットフォーム全体のQAnonフォロワーとr /陰謀ページのユーザーは、5Gネットワ​​ークへの潜在的なリンクに関する理論を広めました。セルタワーの破壊を超えた実際の結果は、ますます明らかになります。夫がケーブル会社で働いている1人のRedditユーザーは、5Gの懸念を超えてインターネットをキャンセルしたい人々からの電話をかけていると語っています。 「一人の男は明らかに彼が自分のコンピューターでインターネットにいるときだけ咳をするが、彼が彼の電話にいるときは咳をしないと言った」とRedditユーザーは付け加えた。

しかし、結局のところ、インターネット上のランダムなポスターは、非常に多くの誤った情報を呼び起こすことができるだけです。ワイアード氏は、エコーチェンバーは最終的に「ウイルスのトレンドを見つけるのに十分賢く、内容の馬鹿さに気づかないほど馬鹿げているエンゲージメントアルゴリズムによって推進され始めた」と述べています。同様のシナリオが約1か月前に明らかになり、QAnonフォロワーの声を増幅するエンゲージメントアルゴリズムが原因で、オプラに関する明らかに虚偽の無関係なストーリーがトレンドを始めました。そして、先週かそこらの間、比較的主流になった5Gの陰謀に気づいたのは縁のない人物であり、それは今度は不正確な解説を検討し、構成された状況にはるかに注意を向けています。

どの有名人やインフルエンサーが虚偽の情報を広めていますか?

俳優Woody HarrelsonがInstagramに投稿し(こことここを参照)、5GがCOVID-19の発生を悪化させているという考えを200万人のフォロワーに広めました。最初の投稿は、「完全に吟味したわけではありませんが、とても興味深いものです」というキャプションが付いています。ワシントン州立大学の名誉教授であるマーティンポール博士が提唱した理論のスクリーンショットです。ポールは最近5〜7年以内に「人間の脳は正常な機能が停止する程度に退化するだろう」と予測しました… (これは、出席した科学者によると、昨年ドイツでの会議でポールが行った要点の要約です。)そして、ポールと5Gとの大きなCOVID-19接続は、武漢が中国で最初の「スマートシティ」であり、ネットワーク、これをサポートする証拠はありません。ポールの引用は、実際には、5G EMF Dangersと呼ばれるウェブサイトからのものです。ハレルソンからの2番目の投稿は、中国市民が5Gアンテナを転がしていることを示すとされる粗い映像です。



Meanwhile, a popular African pastor named Chris Oyakhilome, who has two million likes on his Facebook page, has been preaching about New World Order conspiracies that also manage to incorporate and link COVID-19 and 5G. Music producer Teddy Riley repeated a version of these conspiracies on Instagram Live, as transcribed by Huff Post:

“We’re being bamboozled. We’re being made to believe so many things that is not the truth. It’s not for me to say, I feel like my brothers and sisters need to know. The corona, everybody know by now what it really is. It’s really about this New World Order that they’re trying to put in with these G5 connections.”

What is the actual origin of the novel coronavirus?

According to medical and scientific experts, like some other recent outbreaks, the novel coronavirus—a respiratory virus—most likely was transmitted to humans by animals. In the case of COVID-19, it was possibly bats, in a large market in the Wuhan, a transit hub of 11 million people, and then it was transmitted human to human by tiny respiratory droplets which travel through the air through talking, breathing, and coughing. Some previous pandemics, like the 1918 influenza, which infected about a quarter of the world’s population, long predated cellular technology, and the virus had genes with avian origin.


一方、人気のアフリカの牧師であるクリス・オヤキロームは、彼のFacebookページに200万件のいいね!があり、COVID-19と5Gを組み込んでリンクした新世界秩序陰謀について説教しています。音楽プロデューサーのTeddy Rileyは、Instagram Liveでこれらの陰謀のバージョンを繰り返した。

「私達は竹で覆われている。私たちは真実ではない多くのことを信じるように作られています。私が言うことではありません、私の兄弟姉妹が知る必要があるように私は感じます。コロナ、誰もが今ではそれが本当に何であるかを知っています。彼らがこれらのG5接続を利用しようとしているのは、まさにこの新世界秩序についてです。」

新しいコロナウイルスの実際の起源は何ですか?

医学および科学の専門家によると、他のいくつかの発生と同様に、新しいコロナウイルス(呼吸器ウイルス)は、おそらく動物から人間に伝染したとのことです。 COVID-19の場合、それはおそらく1100万人の輸送ハブである武漢の大きな市場でコウモリでした、そしてそれは話し、呼吸を通して空気中を移動する小さな呼吸飛沫によって人から人へ伝染しました、そして咳。世界の人口の約4分の1に感染した1918年のインフルエンザのようないくつかの以前の世界的流行は、古くからの細胞技術であり、ウイルスは鳥起源の遺伝子を持っていました。



What’s being done to debunk the unsubstantiated claims?

In response to the rapid spread of false claims about 5G and COVID-19, YouTube says it’s removing videos that violate a new policy about misleading COVID-19 information. Other “borderline” videos will be removed from YouTube’s recommended page, according to The Guardian.

Plenty of scientists and doctors have separately and forcefully denounced the dangerous rhetoric about 5G and COVID-19. Dr. Simon Clarke, for instance, an associate professor in cellular microbiology at the University of Reading, told the BBC the conspiracy theories were “complete rubbish.” He adds, “The idea that 5G lowers your immune system doesn’t stand up to scrutiny.”

Most notably, in March, a German-based scientific organization called the International Commission on Non‐Ionizing Radiation Protection (ICNIRP) deemed 5G to be safe. In an email to GQ, Eric van Rongen, the ICNIRP chairman, provided the following statement:

“There is no relation between 5G and [COVID-19]. The theory that 5G might compromise the immune system and thus enable people to get sick from coronavirus is based on nothing. There are no indications from scientific studies that 5G (or any other G) affects the immune system. If that would be the case, we would have seen effects on the scale and severity of infectious diseases already decades ago. And we don’t.

“ICNIRP has just released new guidelines for exposure to radio frequency electromagnetic fields, and we considered all possible adverse health effects. The only proven effect is that of heating of (parts of) the body, and the guidelines are set to such a low level that this will not occur if they are observed. Adverse health effects resulting from effects on the immune system have not been found and thus also cannot form a basis for exposure guidelines.”

trump
Jesus, the Trump Administration Waited Two Months to Order Masks and Ventilators

根拠のない主張を明らかにするために何が行われていますか?

5GとCOVID-19に関する誤った主張の急速な広がりに対応して、YouTubeは、誤解を招くCOVID-19情報に関する新しいポリシーに違反する動画を削除すると発表しました。 The Guardianによると、他の「境界線」の動画はYouTubeの推奨ページから削除されます。

多くの科学者と医師が、5GとCOVID-19に関する危険なレトリックを個別にそして強制的に非難しています。博士たとえば、レディング大学の細胞微生物学の准教授であるサイモンクラーク氏は、陰謀説は「完全なゴミ」であるとBBCに語った。 「5Gがあなたの免疫システムを低下させるという考えは精査に耐えられない」と彼は付け加えます。

最も注目すべきは、3月に、ドイツに本拠を置く科学機関が非電離放射線防護に関する国際委員会(ICNIRP)を呼び出し、5Gが安全であると見なしたことです。 GQへのメールで、ICNIRPの会長であるエリックファンロンゲンは次のように述べています。

「5Gと[COVID-19]の間に関係はありません。5Gが免疫システムを危険にさらし、人々がコロナウイルスで病気になる可能性があるという理論は何にも基づいていません。5G(またはその他のG)免疫系に影響を及ぼしますが、その場合は、数十年前にすでに感染症の規模と重症度に影響があったはずですが、そうではありません。

「ICNIRPは、高周波電磁場への曝露に関する新しいガイドラインを発表しました。私たちはすべての起こり得る健康への悪影響を考慮しました。唯一の証明された影響は、体(の一部)の加熱の影響であり、ガイドラインはそのような低いレベルに設定されています免疫系への影響に起因する健康への悪影響は発見されておらず、したがって暴露ガイドラインの基礎を形成することもできません。」

切り札
イエス、トランプ政権はマスクとファンを注文するのに2か月待った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です