Conspiracy theories claiming 5G technology helps transmit coronavirus have been condemned by the scientific community.

Videos have been shared on social media showing mobile phone masts on fire in Birmingham and Merseyside – along with the claims.

The UK’s mobile networks have reported 20 cases of masts being targeted in suspected arson attacks over the Easter weekend, including damage to a mast providing mobile connectivity to Birmingham’s Nightingale Hospital.

The posts have been shared on Facebook, YouTube and Instagram – including by verified accounts with hundreds of thousands of followers.

TV regulator Ofcom is assessing comments made by presenter Eamonn Holmes in which he cast doubts on media outlets for their attempts to debunk the claims.

But scientists say the idea of a connection between Covid-19 and 5G is “complete rubbish” and biologically impossible.

The conspiracy theories have been branded “the worst kind of fake news” by NHS England Medical Director Stephen Powis.

5Gテクノロジーがコロナウイルスの伝染を助けると主張する陰謀説は、科学界によって非難されてきました。

クレームとともに、バーミンガムとマージーサイドで携帯電話のマストが燃えている様子を示すビデオがソーシャルメディアで共有されています。

英国のモバイルネットワークは、イースターの週末に放火の疑いがある攻撃で20件のマストが標的にされたことを報告しました。これには、バーミンガムのナイチンゲール病院へのモバイル接続を提供するマストへの損傷が含まれます。

投稿はFacebook、YouTube、Instagramで共有されています-何十万人ものフォロワーを持つ確認済みのアカウントも含まれます。

TV規制当局であるOfcomは、プレゼンターのEamonn Holmesが行ったコメントを評価しており、メディアアウトレットに対して、彼らの主張を明らかにする試みに疑問を投げかけています。

しかし科学者たちは、Covid-19と5Gの関係についての考えは「完全なゴミ」であり、生物学的に不可能であると述べています。

陰謀論は、NHSイングランドの医学部長スティーブン・ポウィスによって「最悪の偽のニュース」と銘打たれました。

Conspiracy theory-陰謀論

Many of those sharing the post are pushing a conspiracy theory falsely claiming that 5G – which is used in mobile phone networks and relies on signals carried by radio waves – is somehow responsible for coronavirus.

These theories appear to have first emerged via Facebook posts in late January, around the same time the first cases were recorded in the US.

They appear to fall broadly in to two camps:

  • One claims 5G can suppress the immune system, thus making people more susceptible to catching the virus.
  • The other suggests the virus can somehow be transmitted through the use of 5G technology.

Both these notions are “complete rubbish,” says Dr Simon Clarke, associate professor in cellular microbiology at the University of Reading.

投稿を共有している人の多くは、携帯電話ネットワークで使用され、電波によって運ばれる信号に依存している5Gが何らかの形でコロナウイルスの原因であると偽って主張する陰謀説を押し進めています。

これらの理論は、米国で最初の症例が記録されたのとほぼ同じ時期に、1月下旬にFacebookの投稿を通じて最初に出現したようです。

彼らは大きく2つのキャンプに分類されるようです。

5Gは免疫系を抑制できるため、人々がウイルスに感染しやすくなると主張しています。
もう1つは、ウイルスが5Gテクノロジーを使用して何らかの方法で感染する可能性があることを示唆しています。
これらの概念はどちらも「完全なゴミ」であると、レディング大学の細胞微生物学の准教授であるサイモンクラーク博士は言う。

mobile network
Image captionMasts caught fire in Birmingham and Merseyside, prompting investigations

“The idea that 5G lowers your immune system doesn’t stand up to scrutiny,” Dr Clarke says.

“Your immune system can be dipped by all sorts of thing – by being tired one day, or not having a good diet. Those fluctuations aren’t huge but can make you more susceptible to catching viruses.”

While very strong radio waves can cause heating, 5G is nowhere near strong enough to heat people up enough to have any meaningful effect.

“Radio waves can disrupt your physiology as they heat you up, meaning your immune system can’t function. But [the energy levels from] 5G radio waves are tiny and they are nowhere near strong enough to affect the immune system. There have been lots of studies on this.”

「5Gが免疫システムを低下させるという考えは、精査に耐えられない」と、クラーク博士は言う。

「あなたの免疫システムは、あらゆる種類の事柄に浸ることができます-一日の疲れや、良い食生活をしていないことです。これらの変動はそれほど大きくはありませんが、ウイルスを捕まえやすくすることができます。」

非常に強い電波は熱を引き起こす可能性がありますが、5Gは、意味のある影響を与えるのに十分なほど人を加熱するほど強力ではありません。

「電波はあなたの熱を上げて生理機能を妨害する可能性があります。つまり、免疫システムが機能できなくなります。しかし、5G電波のエネルギーレベルは小さく、免疫システムに影響を与えるほど強力ではありません。 これに関する多くの研究。」

Graphic shows 5G's frequencies on the electromagnetic spectrum - within the non-ionising band at the lower end of the scale.

The radio waves involved in 5G and other mobile phone technology sit on the low frequency end of the electromagnetic spectrum. Less powerful than visible light, they are not strong enough to damage cells – unlike radiation at the higher frequency end of the spectrum which includes the sun’s rays and medical x-rays.

It would also be impossible for 5G to transmit the virus, Adam Finn, professor of paediatrics at the University of Bristol, adds.

“The present epidemic is caused by a virus that is passed from one infected person to another. We know this is true. We even have the virus growing in our lab, obtained from a person with the illness. Viruses and electromagnetic waves that make mobile phones and internet connections work are different things. As different as chalk and cheese,” he says.

It’s also important to note another major flaw with the conspiracy theories – coronavirus is spreading in UK cities where 5G has yet to be deployed, and in countries like Iran that have yet to roll out the technology.

There were plenty of scare stories about 5G circulating before the coronavirus outbreak which Reality Check has already looked into, such as this piece: Does 5G pose health risks?

Earlier this year, a long-running study from the watchdog the International Commission on Non-Ionizing Radiation Protection (ICNIRP) rebutted these claims, saying there was no evidence that mobile networks cause cancer or other illnesses.

5Gおよびその他の携帯電話技術に関係する電波は、電磁スペクトルの低周波数側にあります。可視光線ほど強力ではありませんが、細胞に損傷を与えるほど強力ではありません-太陽光線や医療用X線を含むスペクトルの高周波端の放射線とは異なります。

5Gがウイルスを感染させることも不可能だとブリストル大学の小児科教授であるアダム・フィン氏は付け加えた。

「現在の流行は、感染した人から別の人に感染するウイルスによって引き起こされます。これは本当であることを私たちは知っています。私たちの研究室では、病気の人から得られたウイルスさえも増殖しています。電話やインターネット接続の動作は異なります。チョークやチーズのように異なります」と彼は言います。

陰謀説の別の大きな欠陥に注意することも重要です-コロナウイルスは、5Gがまだ配備されていない英国の都市や、技術をまだ導入していないイランのような国々で広がっています。

この作品のように、Reality Checkがすでに調査しているコロナウイルスの発生前に5Gが循環しているという恐ろしい話がたくさんありました。5Gは健康上のリスクをもたらしますか?

今年初め、ウォッチドッグの非電離放射線防護国際委員会(ICNIRP)による長期にわたる調査がこれらの主張に反論し、モバイルネットワークが癌や他の病気を引き起こすという証拠はないと述べました。

Coronavirus: What you need to know graphic featuring three key points: wash your hands for 20 seconds; use a tissue for coughs; avoid touching your face

But if anything, the misinformation seems to have escalated.

Trade body Mobile UK has said false rumours and theories linking 5G and coronavirus were “concerning,” while the Department for Digital, Culture, Media and Sport has reiterated there is “absolutely no credible evidence for the link”.

Viruses invade human or animal cells and use them to reproduce, which is what causes infection. Viruses cannot live very long outside a living thing, so they have to find a way in – usually via droplets of liquid from coughs or sneezes.

Genome sequencing of this coronavirus suggests it jumped from animals to humans – and then began to pass from human to human.

しかし、どちらかといえば、誤った情報がエスカレートしているようです。

英国の貿易団体であるMobile UKは、5Gとコロナウイルスを結びつけるうわさや理論が「懸念されている」と語り、デジタル、文化、メディア、スポーツ省は、「そのリンクについての信頼できる証拠はまったくない」と繰り返し述べた。

ウイルスは人間や動物の細胞に侵入し、それらを使って繁殖します。これが感染の原因です。 ウイルスは生物の外ではあまり長く生きることができないため、通常は咳やくしゃみからの液滴を介して侵入経路を見つける必要があります。

このコロナウイルスのゲノム配列は、それが動物から人間へとジャンプしたことを示唆しており、それから人間から人間へと移り始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です