2020年4月16日 TBS NEWS

 新型コロナウイルスの緊急経済対策をめぐって、安倍総理は公明党が求める現金一律10万円の支給に対応するため、今年度の補正予算案を組み替える方針を固めました。
 
 緊急経済対策をめぐって、公明党は現金10万円の一律給付を求め、来週から審議が始まる今年度の補正予算案の組み替えを要請し、自民党と断続的に協議を行いました。また、山口代表も16日朝、安倍総理に電話で実現に向け協力を改めて求めました。

 こうした状況を踏まえ、安倍総理は16日、自民党の二階幹事長や岸田政調会長を呼び、公明党との調整を進めるよう指示しましたが、複数の関係者によれば、10万円給付のため予算案の組み替えを行う方針を固めたということです。こうした流れを受け、自民党は公明党と補正予算案の組み替えを前提に、詰めの協議を行う予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です