Taylor Hatmaker
@tayhatmaker / 7:18 am JST • April 11, 2020

Image Credits: Photo by Jane Barlow – WPA Pool/Getty Images / Getty Images

As the U.S. and much of the world hunkers down to slow the spread of the novel coronavirus, some virus-related conspiracy theories are having a heyday. Specifically, a conspiratorial false claim that 5G technology is linked to COVID-19 gained ground, accelerating from obscurity into the rattled mainstream by way of conspiracy theorists who’d been chattering about 5G conspiracies for years.

While there is scientific consensus around the basic medical realities of COVID-19, researchers are still filling in the gaps on a virus that no one knew existed five months ago. That relative dearth of information opens the way for ideas usually relegated to the internet’s fringes to slip into the broader conversation about the pandemic — a dangerous feature of an unprecedented global health crisis.

According to Yonder, an AI company that monitors online conversations including disinformation, conspiracies that would normally remain in fringe groups are traveling to the mainstream faster during the epidemic.

A report on coronavirus misinformation from the company notes “the mainstream is unusually accepting of conspiratorial thinking, rumors, alarm, or panic” during uncertain times — a phenomenon that explains the movement of misinformation that we’re seeing now.

While the company estimates that it would normally take six to eight months for a “fringe narrative” to make its way from the edges of the internet into the mainstream, that interval looks like three to 14 days in the midst of COVID-19.

“In the current infodemic, we’ve seen conspiracy theories and other forms of misinformation spread across the internet at an unprecedented velocity,” Yonder Chief Innovation Officer Ryan Fox told TechCrunch. He believes that the trend represents the outsized influence of “small groups of hyper passionate individuals” in driving misinformation, like the 5G claims.

While 5G claims about the coronavirus are new, 5G conspiracies are not. “5G misinformation from online factions like QAnon or Anti-Vaxxers has existed for months, but is accelerating into the mainstream much more rapidly due to its association with COVID-19,” Fox said.

The pandemic is already reshaping tech’s misinformation crisis

The seed of the false 5G coronavirus claim may have been planted in a late January print interview with a Belgian doctor who suggested that 5G technology poses health dangers and might be linked to the virus, according to reporting from Wired. Not long after the interview, Dutch-speaking anti-5G conspiracy theorists picked up on the theory and it spread through Facebook pages and YouTube channels already trafficking in other 5G conspiracies. Somewhere along the way, people started burning down mobile phone towers in the U.K., acts that government officials believe have a link to the viral misinformation, even though they apparently took down the wrong towers. “Owing to the slow rollout of 5G in the UK, many of the masts that have been vandalised did not contain the technology and the attacks merely damaged 3G and 4G equipment,” The Guardian reported.

This week, the conspiracy went mainstream, getting traction among a pocket of credulous celebrities, including actors John Cusack and Woody Harrelson, who amplified the false 5G claims to their large followings on Twitter and Instagram, respectively.

A quick Twitter search reveals plenty of variations on the conspiracy still circulating. “… Can’t everyone see that 5G was first tested in Wuhan. It’s not a coincidence!,” one Twitter user claims. “5G was first installed in Wuhan and now other major cities. Coincidence?,” another asks.

In the past, 5G misinformation has had plenty of help. As The New York Times reported last year, Russian state-linked media outlet RT America began airing segments raising alarms about 5G and health back in 2018. By last May, RT America had aired seven different programs focused on unsubstantiated claims around 5G, including a report that 5G towers could cause nosebleeds, learning disabilities and even cancer in children. It’s possible that the current popular 5G hoax could be connected to disinformation campaigns as well, though we likely won’t learn the specifics for some time.

In previous research on 5G-related conspiracies, social analytics company Graphika found that the majority of the online conversation around 5G focused on its health effects. Accounts sharing those kinds of conspiracies overlapped with accounts pushing anti-vaccine, flat Earth and chemtrail misinformation.

While the 5G coronavirus conspiracy theory has taken off, it’s far from the only pandemic-related misinformation making the rounds online lately. From the earliest moments of the crisis, fake cures and preventative treatments offered scammers an opportunity to cash in. And even after social media companies announced aggressive policies cracking down on potentially deadly health misinformation, scams and conspiracies can still surface in AI blindspots. On YouTube, some scammers are avoiding target words like “coronavirus” that alert automated systems in order to sell products like a powdered supplement that its seller falsely claims can ward off the virus. With their human moderators sent home, YouTube and other social platforms are relying on AI now more than ever.

Social networks likely enabled the early spread of much of the COVID-19 misinformation floating around the internet, but they don’t account for all of it. Twitter, Facebook and YouTube all banned Infowars founder and prominent conspiracy theorist Alex Jones from their platforms back in 2018, but on his own site, Jones is peddling false claims that products he sells can be used to prevent or treat COVID-19.

The claims are so dangerous that the FDA even stepped in this week, issuing a warning letter to Jones telling him to cease the sale of those products. One Infowars video cited by the FDA instructs viewers concerned about the coronavirus “to go to the Infowars store, pick up a little bit of silver that really acts its way to boost your immune system and fight off infection.”

As it becomes clear that the disruptions to everyday life necessitated by the novel coronavirus are likely to be with us for some time, coronavirus conspiracies and scams are likely to stick around too. A vaccine will eventually inoculate human populations against the devastating virus, but if history is any indication, even that is likely to be the fodder for online conspiracists.




偽の5G主張のようなコロナウイルス陰謀がインターネット上で競争している
テイラーハットメーカー
@tayhatmaker / JST午前7:18•2020年4月11日


画像クレジット:Jane Barlow-WPA Pool / Getty Images / Getty Imagesによる写真
新しいコロナウイルスの拡散を遅らせるために米国および世界の大部分が落ち込んでいるため、いくつかのウイルス関連の陰謀論は全盛期を迎えています。 具体的には、5GテクノロジーがCOVID-19にリンクされているという陰謀の誤った主張が根付き、5Gの陰謀について何年もおしゃべりしていた陰謀理論家によって、覆い隠されたガラガラの主流へと加速しました。

COVID-19の基本的な医学的現実については科学的なコンセンサスがありますが、研究者たちは、5か月前には誰も知らなかったウイルスのギャップを埋めています。 その相対的な情報の不足は、通常インターネットの周辺部に追いやられているアイデアが、パンデミックについてのより幅広い会話に入る機会を開きます-これは前例のない世界的な健康危機の危険な特徴です。

Yonder氏によると、偽情報を含むオンライン会話を監視するAI企業は、通常は周辺グループに留まる陰謀が、流行の間、より早く主流に移動しています。

同社のコロナウイルスの誤報に関する報告では、「主流は陰謀の考え、噂、警報、またはパニックを異常に受け入れている」と記されています。これは、現在見られている誤報の動きを説明する現象です。

同社は、「フリンジナラティブ」がインターネットの端から主流になるまでに通常6〜8か月かかると見積もっていますが、その間隔はCOVID-19の最中に3〜14日のように見えます。

「現在のインフォデミックでは、陰謀説やその他の形の誤った情報が前例のない速度でインターネットに広がっています」とYonderの最高イノベーション責任者であるRyan FoxはTechCrunchに語った。 彼は、この傾向が、5Gの主張のように、誤った情報を推進する際の「非常に情熱的な個人の小さなグループ」の特大の影響を表していると信じています。

コロナウイルスに関する5Gの主張は新しいものですが、5Gの陰謀はそうではありません。 「QAnonやAnti-Vaxxersなどのオンライン派閥からの5Gの誤報は数か月前から存在していましたが、COVID-19との関連により、主流に急速に加速しています」とFox氏は述べています。

偽の5G主張のようなコロナウイルス陰謀がインターネット上で競争している
テイラーハットメーカー
@tayhatmaker / JST午前7:18•2020年4月11日


画像クレジット:Jane Barlow-WPA Pool / Getty Images / Getty Imagesによる写真
新しいコロナウイルスの拡散を遅らせるために米国および世界の大部分が落ち込んでいるため、いくつかのウイルス関連の陰謀論は全盛期を迎えています。 具体的には、5GテクノロジーがCOVID-19にリンクされているという陰謀の誤った主張が根付き、5Gの陰謀について何年もおしゃべりしていた陰謀理論家によって、覆い隠されたガラガラの主流へと加速しました。

COVID-19の基本的な医学的現実については科学的なコンセンサスがありますが、研究者たちは、5か月前には誰も知らなかったウイルスのギャップを埋めています。 その相対的な情報の不足は、通常インターネットの周辺部に追いやられているアイデアが、パンデミックについてのより幅広い会話に入る機会を開きます-これは前例のない世界的な健康危機の危険な特徴です。

Yonder氏によると、偽情報を含むオンライン会話を監視するAI企業は、通常は周辺グループに留まる陰謀が、流行の間、より早く主流に移動しています。

同社のコロナウイルスの誤報に関する報告では、「主流は陰謀の考え、噂、警報、またはパニックを異常に受け入れている」と記されています。これは、現在見られている誤報の動きを説明する現象です。

同社は、「フリンジナラティブ」がインターネットの端から主流になるまでに通常6〜8か月かかると見積もっていますが、その間隔はCOVID-19の最中に3〜14日のように見えます。

「現在のインフォデミックでは、陰謀説やその他の形の誤った情報が前例のない速度でインターネットに広がっています」とYonderの最高イノベーション責任者であるRyan FoxはTechCrunchに語った。 彼は、この傾向が、5Gの主張のように、誤った情報を推進する際の「非常に情熱的な個人の小さなグループ」の特大の影響を表していると信じています。

コロナウイルスに関する5Gの主張は新しいものですが、5Gの陰謀はそうではありません。 「QAnonやAnti-Vaxxersなどのオンライン派閥からの5Gの誤報は数か月前から存在していましたが、COVID-19との関連により、主流に急速に加速しています」とFox氏は述べています。

Wiredの報告によると、偽の5Gコロナウイルスの主張の種は、5Gテクノロジーが健康に危険をもたらし、ウイルスに関連している可能性があると示唆したベルギーの医師との1月下旬の印刷面接で植えられた可能性があります。 インタビューから間もなく、オランダ語を話す反5G陰謀理論家たちはこの理論を取り上げ、すでに他の5G陰謀で売買されているFacebookページやYouTubeチャンネルを通じて広まった。 途中でどこかで、人々は英国で携帯電話の塔を燃やし始めました、彼らは明らかに彼らが間違った塔を倒したとはいえ、政府当局者がウイルスの誤報にリンクしていると信じている行為。 「英国では5Gの導入が遅いため、破壊されたマストの多くにはテクノロジーが含まれておらず、攻撃によって3Gおよび4G機器が損傷しただけです」とガーディアン紙は報告しました。

今週、陰謀は主流になり、俳優のジョン・キューザックとウッディ・ハレルソンを含む信用できる有名人のポケットの間で牽引しました。彼らはそれぞれTwitterとInstagramで彼らの大規模なフォロワーに対する偽の5G主張を増幅しました。

Twitterをすばやく検索すると、陰謀に関するさまざまなバリエーションがまだ流通しています。 「…5Gが武漢で最初にテストされたことを誰もが見ることはできません。 偶然ではありません!」 「5Gは最初に武漢に、そして現在は他の主要都市に設置されました。 偶然?」と別の人が尋ねます。

これまで、5Gの誤った情報には多くの助けがありました。 昨年ニューヨークタイムズが報じたように、ロシアの州にリンクされたメディアアウトレットRTアメリカは、5Gについての警報と健康状態を上げるセグメントを2018年に放映し始めました。昨年5月までに、RTアメリカは、 5Gタワーは、鼻血、学習障害、さらにはガンを引き起こす可能性があると報告しています。 現在のところ人気のある5Gデマは偽情報キャンペーンにも関連している可能性がありますが、しばらくは詳細を学習しません。

5G関連の陰謀に関する以前の調査で、ソーシャル分析会社のGraphikaは、5Gに関するオンライン会話の大部分がその健康への影響に焦点を当てていることを発見しました。 この種の陰謀を共有するアカウントは、反ワクチン、平らな地球、ケムトレイルの誤った情報を推し進めるアカウントと重複していました。

5Gコロナウイルスの陰謀論は始まったが、最近、オンラインでラウンドを行っている唯一のパンデミック関連の誤報からは程遠い。 危機の最も早い瞬間から、偽の治療法と予防的治療は詐欺師に現金を支払う機会を提供しました。そして、ソーシャルメディア企業が潜在的に致命的な健康の誤った情報を取り締まる攻撃的なポリシーを発表した後でも、詐欺や陰謀は依然としてAIブラインドスポットで表面化する可能性があります。 YouTubeでは、一部の詐欺師は、自動システムに警告する「コロナウイルス」のようなターゲットワードを避けて、販売者が誤ってウイルスを防ぐことができると主張している粉末サプリメントのような製品を販売しています。 人間のモデレーターが家に帰った今、YouTubeやその他のソーシャルプラットフォームは、これまで以上にAIに依存しています。

ソーシャルネットワークは、インターネット上に浮かぶCOVID-19の誤報の多くを早期に広めることを可能にしたと思われますが、それらのすべてを説明しているわけではありません。 Twitter、Facebook、YouTubeはすべて、2018年にInfowarsの創設者であり著名な陰謀論者であるAlex Jonesをプラットフォームから禁止しましたが、彼のサイトでは、Jonesが販売している製品がCOVID-19の防止または治療に使用できるという誤った主張を行っています。

クレームは非常に危険なので、FDAは今週、ジョーンズにこれらの製品の販売を中止するように警告する手紙を発行しました。 FDAが引用した1つのInfowarのビデオは、コロナウイルスを心配している視聴者に「Infowarsストアに行って、免疫システムを強化し、感染を撃退するために実際に機能する銀を少し拾う」ように指示しています。

小説のコロナウイルスによって必要とされる日常生活の混乱がしばらくの間私たちと一緒にいる可能性が高いことが明らかになると、コロナウイルスの陰謀と詐欺もまた留まりそうです。 ワクチンは最終的に壊滅的なウイルスに対して人間の集団に接種しますが、歴史が何らかの兆候である場合でも、それはオンラインの陰謀家にとっては餌である可能性が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です