5G, AI, BI, covid-19, WHO, コロナ, テクノロジー, ベーシックインカム, ロックダウン, 中国, 厚労省, 国内, 感染者, 新型コロナ, 新型肺炎, 日本, 武漢, 米, 英,志村けん

2020年4月2日 引用元日刊スポーツ

先月29日に新型コロナウイルスで死亡したコメディアン志村けんさん(享年70)をしのんで、1日午後7時から2時間放送されたフジテレビ系「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」の視聴率が、21・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが2日、分かった。

瞬間最高視聴率は午後8時48分の27・3%だった。87年から93年にかけて、同局でレギュラー放送されたバラエティー「志村けんのだいじょうぶだぁ」のコント「おハナ坊」の映像が流されていた時。志村さん演じる父親が、いしのようこ(52)が演じる小学生の女の子・おハナ坊に振り回される内容で、ネコが天井から現れ、犬が縁側を通りすぎるシーンだった。

関西地区は23・2%。瞬間最高は午後8時49、50分の27・6%。

名古屋地区は25・9%。瞬間最高は午後8時36分の31・5%。

北部九州地区は28・5%。瞬間最高は午後8時13分の34・8%。

札幌地区は27・1%。瞬間最高は午後8時47分の32・3%。

仙台地区は27・5%。瞬間最高は午後8時38分の32・5%。

広島地区は18・4%。瞬間最高は午後8時48、49分の26・3%。

静岡地区は31・4%。瞬間最高は午後8時50分の36・5%。

4月からテレビ各局が指標として導入した、個人視聴率は14・8%(関東地区)だった。

番組を1分以上視聴した「到達人数」(推計)は、全国で4072万6000人だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です