イギリスは次世代通信規格「5G」の通信網への中国の通信機器大手「ファーウェイ」の参入を一部、認めました。

 イギリス政府は28日、5G通信網へのファーウェイ製品の参入を認めました。ただ、核関連の施設や軍事施設といった機密性の高い場所からは除外するなど限定的となります。ファーウェイを巡っては、これまでアメリカが中国政府によるスパイ活動に関与するリスクがあるなどとして同盟国に対し、排除するよう求めてきました。イギリスメディアによりますと、今回の決定を受けてトランプ政権の関係者からは「失望している」などと早速、反発の声が上がっているということです。

引用元

https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000174837.html