Featured Video Play Icon


2B – TO BE BETTER – 「知る」コトでより良い生活を。

2B Inc.2020-03-23 19:00

最近CMでもよく流れる「5G」
この2020年春からここ日本でも5Gになろうとしている。

そんな5Gのメリットとデメリットをご存知であろうか。

ただただ、インターネットが早くなり便利な生活が待っているという訳ではない事も知って頂ければとおもう。

5Gとは

まずはじめに、良く聞く「4G」や「5G」の “G”の意味はご存知だろうか。

Gとは 「Generation = 時代」のGであり「第5世代移動通信システム」という意味である。
世代が切り替わると、通信インフラと端末の両方が全くの新しいものなる。

3G(3時代) は「ガラケー世代」と言われ、4G(4時代)は「スマホ時代」と言われる。

5Gは現在の4Gの実に100倍は速度が早くなると言われている。

5Gの3つの特徴は
1. 超高速(eMBB)
2. 超大量接続(mMTC)
3. 超低遅延(URLLC)

であり下記が5Gのメリットの点にあたる。

5Gのメリット

1. 高速ダウンロード
2時間の映画がたった3秒でダウンロードできるようになる。(※4G現時代では早くても5分はかかる)

2. 自動運転
よく聞く自動運が近い将来現実化するだろう

3. AR会議(5G x AR)
従来まではTV電話やオンラインでの会議が主流であったがこれからはAR会議が主流になるだろう。

4. 遠隔手術(5G x 触覚伝送)
触覚=触った感覚まで伝送できるようになる為、医師が遠隔で手術を行えるようになる。

5. 警備革命(5G x 4K x AI)
4Kの監視映像をAIが分析し犯罪予測ができる時代に。 

こうなることで、AR/VRグラスが標準使用になり空間伝送が日常的になってもおかしくない。

さらに、日常的に感じる小さなストレスも改善される事が期待できる。

例えば・・・
・夜だけインターネットが遅い
・映画や動画のダウンロードに時間がかかる
・オンラインゲーム中にインターネットの遅延を感じる
・NETFLIXやYOUTUBEが途中で止まってしまう 

など。

ただ、メリットがあるという事はデメリットもあるというのが事実だ。

5Gの人体へ繋がる大きなデメリット

■ 肌の影響
60GHzのパルスマイクロ波は 送信電力の90%が、皮膚の表皮 および真皮層に吸収される = 日焼けと同じ損傷。

つまり、日焼け止めが効かない状態で日光を浴びている状況と同じ事になり、皮膚の痛みを感じたり、皮膚疾患や皮膚がんの影響に繋がる。

■ 目への影響
1994年の研究でパルスマイクロ波は、ラットの水晶体の混濁を引き起こした → 白内障の発生に関連することが明らかに。

■ 身体への影響
「心臓」「免疫系」「癌」への影響が発見されている。

5Gは4Gと比べ生物学的にアクティブになり、遥かに人体的に危険である可能性が上がる。

あまり公式に発表されていないが、下記の健康懸念で5G使用を拒否・停止した国が既にあるほどだ。

・ベルギー 
・イタリア
・スイス
・アメリカ(カリフォルニア州など一部の州) 

このように規制している国があるにも関わらず、残念ながら日本の規制はゆるゆるであり、まもなくこの春に5Gへ切り替えようとしているのが事実である。

このような電磁波から今すぐできる身を守る方法を紹介しよう。

電磁波から身を守る方法

1. 身体から出来るだけ話す
– ポケット・胸ポケットに入れない
– イヤホンを使用する
– 電磁波遮断ケースや電磁波ブロッカーを使用する

2. 自宅のワイヤレスデバイスを削除する
– wi-fi / コードレス電話 / ワイヤレスベビーモニターを使用しない
– wi-fiを有線に切替
– Bluetoothのヘッドホンやイヤホンは使用しない
– 音楽・映画はダウンロードして視る

3.寝室での対策
– 寝室から電子器具、できれば携帯電話を置かない
– 携帯電話を目覚まし時計に使用しないか、ベッドから遠ざける
– ベッドに近いコンセントに電磁ブロッカーを設置する
– wi-fi をオフ、できれば機内モードへ

4. グラウンディング
※グラウンディングとは芝生・土・コンクリート・砂を裸足で踏む事
– 体内に溜まった電磁波を放出する
– 地球自体が発している健康的な ” 自然な電磁波 ” を取り入れる 
– 自然な電磁波は身体に馴染み、ストレスの軽減、体内生理学の休息と修復をも促すのである。

環境問題を専門とする日本人ジャーナリストである船瀬俊介氏さえも、下記の10点が人体に及ぶ影響だと発表している。

1.成長細胞に悪影響
2.発がん性作用
3.癌細胞の成長促進
4.免疫機能の低下
5.生理リズム阻害
6.学習能力の低下
7.異常行動
8.自殺
9.神経ホルモンの変化
10. 胎児の異常発育(催奇形性)

さらに詳細を知りたい方はこちらの動画をご覧あれ。

YouTube Video Preview

最後に

この5Gをどのように捉えるかはみなさま次第であるが、このようなデメリットがあるということも知ってもらい、今後の5Gに対する考え方を変えてもらえれば幸いである。

現在の4Gでさえ、十分に強い電磁波を日常的に浴びているのが現実である。今からでもすぐに対応できる遮断率99.9%のスマホに貼る電磁波遮断シールや首から吊すだけのペンダント式コイルもオンラインで販売している。

普段からできるだけ電磁波から身を守り、みなさんが健康的な生活を送れるよう祈っている。

★★★2B – TO BE BETTER – の最新記事★★★
【新型コロナウイルス 絶対為になる15つの備蓄リスト | 食品やペーパーだけではない必要なもの】
こちらも必ず確認しておく事をオススメする。
→ https://www.2b-tobebetter.com/entry/2020/03/27/190000

2B – TO BE BETTER – オフィシャルサイトはこちらから。2B – TO BE BETTER -「知る」コトでより良い生活を。www.2b-tobebetter.com

2B – TO BE BETTER –
〜「知る」コトでより良い生活を〜
Official : https://www.2b-tobebetter.com
Twitter : https://twitter.com/2b_tobebetter
Instagram : https://www.instagram.com/stories/2b_tobebetter

引用元 https://newscast.jp/news/540937