5G, AI, BI, covid-19, WHO, コロナ, テクノロジー, ベーシックインカム, ロックダウン, 中国, 厚労省, 国内, 感染者, 新型コロナ, 新型肺炎, 日本, 武漢, 米, 英

国連のアントニオ・グテーレス事務総長は新型コロナウイルス(COVID-19)の問題解決には前代未聞の措置、戦時プランが必要だとする内容を書簡で表した。

この書簡は3月23日に発表された。

「COVID-19が求めている答えは今までになかったものです。それは人道危機の時代における『戦時』プラン。G20の指導者は新型コロナウイルスの様々な脅威を振り払うためのパワフルな措置をスタートさせる例外的な可能性を手にしています。それは世界の、特に最も脆弱な民族との連帯を示すことになるはずです。」

これより前に3月26日、コロナウイルスについてのG20のサミットの開催が発表された。議長国のサウジアラビアはサミットをオンラインで行おうと計画している。サミットはコロナウイルスのパンデミック状況への対策の連携強化が議題となる。

引用元 

https://jp.sputniknews.com/world/202003257296139/