2020年4月4日

引用元産経ニュース

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた政府、自治体の外出自粛要請を踏まえ、4、5日の週末、映画館などの娯楽施設や外食チェーンが相次いで臨時休業する。他にもこれまでの休業を続けるケースがあり、休業の対象店舗は増えているとみられる。経済活動が滞り、景気を下支えする個人消費はさらに冷え込む恐れがある。

 娯楽施設では、映画館を展開するTOHOシネマズが全国26館で休業する。週明け後の平日午後8時以降の夜間営業も9日まで休止。担当者は「明日にも対応が変わる可能性がある」として、刻々と変わる事態に追われる苦しさを吐露する。公開自体が延期される作品も多く、影響はさらに深刻になる恐れがある。

 この他、パチンコ店を展開するマルハンも東京都内の全16店舗を4、5日に臨時休業。都内全店が臨時休業するのは初めてという。

 また、4、5日を入れて休業を続けるケースもある。全国でボウリング場などのレジャー施設を手がけるラウンドワンは、4日から10日まで全103店舗を臨時休業する。「ジャンボカラオケ広場」を展開するTOAI(京都市)も、全国188店舗を19日まで臨時休業する。

 観光名所では「東京スカイツリー」(東京都墨田区)が展望台の営業を当面休止。4、5日は商業施設「東京ソラマチ」も食品フロアを除き休業する。日本一高いビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)は、展望台や美術館を3月3日から休業している。

 外食店も相次いで休業する。鳥貴族と串カツ田中ホールディングス(HD)は全国にある直営店全店を4日から12日まで臨時休業。対象店舗は鳥貴族が394店、串カツ田中が116店となる。「塚田農場」などを展開するエー・ピーカンパニーも2日から全国の約180店で休業している。

 このほか、ワタミは居酒屋チェーン「和民」「ミライザカ」「鳥メロ」など東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県を中心に全国約100店を5日から当面の間、臨時休業する。スターバックスコーヒージャパンは3日、首都圏と大阪、京都、兵庫など計8都府県の約850店で4、5日に臨時休業すると発表した。

 百貨店は、首都圏で4、5日の臨時休業の動きが広がっている。三越伊勢丹HDは三越日本橋本店や伊勢丹新宿本店など6店舗を全面休業。松屋は銀座店と浅草店を休業する。阪急阪神など関西の百貨店は時間を短縮して営業する。