2020年5月7日 16:13時事通信ニュース

 【北京時事】中国国家郵政局は7日までに、新型コロナウイルスの克服を記念する切手を11日に発行すると発表した。湖北省武漢市と関連付ける当初のデザインが物議を醸し、発行が延期されていたもので、武漢の観光名所「黄鶴楼」のイラストを消すなど修正が施された。トランプ米政権がウイルスの発生源を武漢の研究所とする説を主張する中、「武漢隠し」を図ったとも言えそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です