2020年5月5日 11:02gettyimages

新型コロナウイルスのワクチンや治療薬開発を進めるため、欧州連合(EU)の主導で4日、テレビによる支援国会合が開かれました。世界保健機関(WHO)や日欧、中東など約40カ国・機関が参加する中、米国は参加を見送りました。新型コロナ・ワクチン開発へ8500億円 EUが支援会合 – 産経ニュース 【パリ=三井美奈】新型コロナウイルスのワクチンや治療薬開発を進産経ニュース

会合後、EUのフォンデアライエン欧州委員長は、「総額74億ユーロ(約8580億円)の拠出表明があった」と述べました。EUの発表によると、各国が表明した拠出額はフランスが15億ユーロ、英国が5億5000万ユーロ、日本が7億6000万ユーロ、中国が4600万ユーロなど。すでに表明した貢献額も含まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です